ジェルネイルをご検討中のお客さまへ

*

今までのネイルサロンでは、人工爪で長く丈夫な爪を作り、そこでネイルアートを楽しむといった流れが主流だったと思いますが最近ではジェルネイルの人気が高まり、自分の爪でネイルアートを楽しむ事が主流と変化してきています。

ネイルアートを自分の爪で楽しみたい!長持ちするネイルアートを楽しみたい!
そんな方には、ジェルネイルがオススメです。

また、ジェルはメーカーによって、使い方や仕上がり、施術後のメンテナンス方法など、全て異なります。
ネイルサロンでも、やり方は千差万別。
ジェルネイルについての疑問、不安に思うことなどございましたら、気兼ねなく事前にご相談くださいませ。

このページでは来店前に知っておきたい…

  • どうやって付けるの?
  • 付けた後、どうケアすればいいの?
  • どんなお店に行けばいいの?

など、お客さまからよくご質問いただく不安を解消出来ればと思い、ご紹介させていただきます。

ジェルネイルって何?

ジェルネイルはゲル状の樹脂をUVライトに照射して硬化させるものです。

マニキュアより長持ちで、装着感が軽く、爪に違和感が少なく、独特の艶が魅力的です。
特にネイルが初めて…というお客さまには、オススメなメニューではないでしょうか。

ジェルで爪の長さを出すのではなく、地爪をジェルでコーティングするため、見た目も自然。
これら複数のメリットがあるため、当店でも人気の、イチ押しメニューです。

ジェルネイル工程のご紹介

*

*

手と指を消毒します。

*

*

爪の長さと形を整えます。

*

*

甘皮の処理(ドライケア)をします。

*

*

地爪の表面に凹凸を付けます。

*

*

地爪の表面を消毒します。

*

*

ベースとなるクリアジェルを塗ります。

*

*

UVランプに当ててジェルを固めます。

*

*

カラー1色、グラデーション、フレンチなどのベースデザインの上にラメやストーン等を置き、その上からトップジェルでコーティングをして、UVランプで固めます。

*

*

仕上げに表面に残ったジェルを専用の液体で拭き取ります。

*

*

爪と爪回りの保護をするためにキューティクルオイルを塗ります。

*

*

お疲れ様でした。デザイン完成です!

ジェルネイル落とし方のご紹介

*

*

ジェルネイルの表面を少し削ります。

*

*

落とすための溶液を浸したコットンを爪の上に乗せ、アルミホイルで巻いて10~15分ほど放置。

*

*

ウッドスティックなどでジェルを落とす。皮がめくれるようにペロっと簡単に剥がす事ができます。

*

*

爪の表面に凹凸が残った状態ですので、ベースコートやトップコートを塗り保護をしておしまいです。

当店では、落とした後に爪のウォーターケアをオススメしています。
※新しく付ける場合はSTEP3の後に付ける準備をしていきます。

ジェルネイル付け替え時期

ジェルネイル後、2~3週間で爪の根元の部分から新しい爪が伸びてきて隙間が開いてしまいます。
ジェルネイルの性質上3週間以上経過していれば付け直しができますのでジェルを新しく付け替えます。

ジェルネイル注意事項

ジェルネイルで根元に空気が入った状態を放置しますと隙間に水分が残り、
グリーンネイル(爪カビ)になってしまいますので、付け替え時期に注意して下さい。
※特に梅雨~夏にかけては注意が必要です。

無理矢理はがしますと爪の層を痛め、何層も一緒にはがれ極端に爪が薄くなり、
出血する場合もありますのでご注意下さい。また、爪の層がはがれる事で薄くなり、
次に付ける時に持ちが悪くなってしまいますので必ずネイルサロンで落としてください。

最後に・・・

*

なんとなくジェルネイルについてご理解いただけたでしょうか?

最近ではセルフジェルネイルなど、ご自身で楽しむ方も増えて来ましたがすぐに取れてしまう…など、「自分はジェルネイルが合わない」と、思われる方もいらっしゃいます。ですが、そんな方こそ、ネイリストである私に担当させて下さいませ。

お客様のライフスタイルや爪の癖など、細かい部分を考慮した上で施術させていただきます。また、お客様のご要望であっても、爪に負担をかけてしまう無理な施術でしたら、お断りさせていただくこともあるかもしれませんが、ネイリストとしてお客様の体である爪や皮膚の事を一番に考え施術していきますので何卒、ご理解下さいますようお願い申し上げます。

topへ